> オリジナルタオルの選び方

オリジナルタオルの選び方

オリジナルタオルを作りたいけど、どうやって選んだらいいのか、どうやって頼んだらいいのかわからない・・・。
使いたい日にちが決まっているけど今から間に合うのかな?
数が少ないけど作れるのかな?
予算が決まっているけどできるかな?
いろんな製法があってどれにしたらいいのかわからない・・・。選び方として、4つの項目にまとめました。それぞれの項目ごとに詳しく説明をしてありますので、選ぶ際の参考にしてください。

タオル生地の素材で選ぶ

品質、素材や生地の違いを知ることでオリジナルタオルの楽しみはグンと広がります。

タオル生地の種類

オリジナルタオルで使用される代表的な生地です。

オリジナルタオルで使用される代表的な生地
パイル生地
表面にループ状の糸(パイル)がある、タオルとして一般的なタイプの生地です。厚みがあり、保温・保湿・吸水性にすぐれている点が特長で実用性の高いオリジナルタオルに仕上がります。
シャーリング生地
タオルの生地表面にあるループ状の糸をカットした生地です。表面の毛足が短くインクが載せやすいため、なんといってもシャープに綺麗に印刷できるのが最大の特徴です。
フラット織生地
色の違う糸を織りあわせて絵柄を表わす製法ですが、画期的なところは、タオルの毛先がループになっていないこと。独特の厚みがある生地の上に、くっきり絵柄を表現できます。ループがないから引きつれもなく丈夫で長持ち。肌触りがやわらかく、吸水性も良いため人気急増中です。
朱子織生地
サテン生地とも呼ばれ、なめらかで高級感のある表面が特長のタオルです。オリジナルタオルでは顔料プリント専用としてシャープな表現を実現します。裏面はパイル地のため実用性にも優れています。
表ガーゼ織生地
タオルの表地を平織りにした表ガーゼ織は、ガーゼ状の表面が滑らかで細かいデザインのプリントに適しています。さらに裏面はパイル地のため実用性にも優れています。

タオルを種類(サイズ)で選ぶ

タオルのサイズ比較です。

タオルのサイズ比較

いとへんでは様々な種類・大きさのタオルを取り扱っております!使うシーンに合わせて、ある程度の大きさはお決まりだと思います。大きさによって名称も変わってきます。ぜひ、こちらでご確認ください。

タオルを種類(サイズ)で選ぶ

タオルを製法で選ぶ

いとへんで扱っているタオルの製法をご紹介します。ご希望のデザインによって最適なタオルの作り方をご提案いたします。

タオルの製法は大きく分けて「プリント」と「織」と「刺繍」の3つに分けられます。

1. プリント
白生地や既製品のカラー生地に型を使って印刷します。
使用するインキは主に染料インクと顔料インクです。
染料プリント
印刷部分が硬くなることなくタオルそのものの柔らかさが保たれます。
顔料プリント
シャープな線画の表現ができ、細いライン等のデザインに適しています。
フルカラープリント
写真画像やグラデーション、複雑なデザイン等を、インクジェットプリンターで鮮明に表現します。
2. 織
ジャガード織機でタオルを織り上げながら色柄を表現します。
プリントと違い、タオルの裏側にも色やデザインが反転して表現されるため、リバーシブルのような仕上がりになります。
代表的なものに「毛違いジャガード」と「フラット織ジャガード」と「上げ落ち(あげおち)ジャガード」があります。
毛違いジャガード
基本異なる2色の糸を用いて織りあげることでデザインを表現します。タオルの表面裏面はともにパイル地になります。
フラット・ジャガード
表に一切パイルが出てこないのが特徴です。基本異なる2色の糸を用いて織りあげることでデザインを表現します。途中で色を変えられるため、多色使いが可能です。
上げ落ち(あげおち)ジャガード
一色の色使いで、糸を上げたり落としたりすることにより凹凸でデザインを表現します。(ホテルタイプとも言われます)
3. 刺繍
既製品タオルに個人名やロゴ等を入れることが出来ます。

お問い合わせ

オリジナルタオル製作につきましてわからないことがありましたら、どんなご質問でも、まずはお電話又はフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

オリジナルオーダタオルは、ご希望のタオル種類・デザイン・プリント方法・製作枚数・納期・ご予算等によりお見積もりやご提案方法が様々に変わってきます。”作りたい”をカタチにするため、実績豊富な「いとへん」ならではのご提案をさせていただきます。

お問い合わせ