> オリジナルタオルの選び方

オリジナルタオルの選び方

公開日:2017/10/08 最終更新日:2021/04/08
オリジナルタオルの選び方

オリジナルタオルを作りたいけど、どうやって選んだらいいのか、どうやって頼んだらいいのかわからない・・・。
使いたい日にちが決まっているけど今から間に合うのかな?
数が少ないけど作れるのかな?
予算が決まっているけどできるかな?
いろんな製法があってどれにしたらいいのかわからない・・・。
選び方として、3つの項目にまとめました。それぞれの項目ごとに詳しく説明をしてありますので、選ぶ際の参考にしてください。

● 種類で選ぶ ● 製法で選ぶ ● 目的で選ぶ

タオルをサイズで選ぶ

タオルサイズ

いとへんでは様々な種類・大きさのタオルを取り扱っております!使うシーンに合わせて、ある程度の大きさはお決まりだと思います。大きさによって名称も変わってきます。ぜひ、こちらでご確認ください。

フェイスタオル

フェイスタオルは洗顔後や手拭きに使われる一般的なサイズで、約30cm×約70cm~85cmのものを指します。多少の大きさの違いはありますが畳むとある程度同じ大きさになります。また、約100cmから約110cmの長いタイプはロングフェイスタオルと呼ばれ、頭を巻くのに丁度良いサイズです。

マフラータオル

マフラータオルはタオルマフラーやタオマフとも呼ばれる細長い約20cm×約110cmのタオルです。首に巻いたりハチマキ状にできるタオルです。特にスポーツシーンやライブグッズとして根強い人気があります。

スポーツタオル

スポーツタオルは大判フェイスタオルやミニバスタオルとも呼ばれる約40cm×110cmのタオルです。肩に掛けて丁度良いサイズで子供用のバスタオルや枕カバーの代わりにも使われます。

バスタオル

バスタオルは全身を包むことができる約60~80cm×120~140cmのタオルです。
中でも大きいものは大判バスタオルと呼ばれることが多く、整体やエステなどで使用される業務用の大判バスともなると約100cm×200cmの大きさになります。

ベンチタオル※

いとへんではベンチタオルはバスケットボールやバレーボールなどのベンチに掛けて複数人で使うことができる約100cm×150~200cmのタオルを指しています。

なお、一般的には野球やサッカーなどの試合観戦時に個人で使うベンチに敷いて使えるバスタオルやスポーツタオルを指します。主に選手名やチーム名を入れた応援グッズとして販売されています。

タオルでは長椅子のbenchを指し、コーヒーなどで使われるイタリア語で数の20を意味するヴェンティ/ ventiとは異なります。

ハンドタオル・ミニタオル

タオルの中でも小さいサイズがハンドタオルやミニタオルと呼ばれ、地域や工場・メーカーなどでも名前が安定していないサイズになります。ご注文の際はサイズをよく確認する必要があるタオルです。

ミニタオルは縦横約20cm前後の正方形や丸型、角丸タイプがあります。幼稚園や保育園の園児向けのタオルや刺繍を入れたノベルティグッズなどにも使われるサイズです。

ハンドタオルはタオルハンカチとも呼ばれ、縦横約30cm前後でミニタオルよりもやや大きく、バレーボールなどスポーツシーンに使われます。キャラクターグッズなどでも使われています。

また、やや長方形のものはオシボリタオルとも呼ばれ、飲食店に多く使われています。更に小さいものはタオルコースターと呼ばれています。

タオルを製法で選ぶ

オリジナルタオルの製法は多種多様ありますが、大きく分けて、「プリント製法」「織製法」そして「刺繍」に分けられます。

1. プリント
白生地や既製品のカラー生地に型を使って印刷します。
使用するインキは主に染料インクと顔料インクです。
染料プリント
印刷部分が硬くなることなくタオルそのものの柔らかさが保たれます。
顔料プリント
シャープな線画の表現ができ、細いライン等のデザインに適しています。
フルカラープリント
写真画像やグラデーション、複雑なデザイン等を、インクジェットプリンターで鮮明に表現します。
2. 織
ジャガード織機でタオルを織り上げながら色柄を表現します。
プリントと違い、タオルの裏側にも色やデザインが反転して表現されるため、リバーシブルのような仕上がりになります。
代表的なものに「毛違いジャガード」と「ジャガードフラット織」と「上げ落ち(あげおち)ジャガード」があります。
毛違いジャガード
基本異なる2色の糸を用いて織りあげることでデザインを表現します。タオルの表面裏面はともにパイル地になります。
ジャガード・フラット
表に一切パイルが出てこないのが特徴です。基本異なる2色の糸を用いて織りあげることでデザインを表現します。途中で色を変えられるため、多色使いが可能です。
上げ落ち(あげおち)ジャガード
一色の色使いで、糸を上げたり落としたりすることにより凹凸でデザインを表現します。(ホテルタイプとも言われます)
3. 刺繍
既製品タオルに個人名やロゴ等を入れることが出来ます。

お問い合わせ

オリジナルタオル製作につきましてわからないことがありましたら、どんなご質問でも、まずはお電話又はフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

オリジナルオーダタオルは、ご希望のタオル種類・デザイン・プリント方法・製作枚数・納期・ご予算等によりお見積もりやご提案方法が様々に変わってきます。”作りたい”をカタチにするため、実績豊富な「いとへん」ならではのご提案をさせていただきます。

お問い合わせ