> スマイルブログ > 日々の出来事 > 「SZK35」高校同窓会

「SZK35」高校同窓会

2014年11月27日

あとわずかで11月も終わり。
あれよあれよで今年もあとひと月を残すのみ!(早いわ~!!)

オリジナルタオルとあわせ、名入れタオルも扱っているいとへんでは、ただいま年末年始のごあいさつ用名入れタオルの製作加工のピークを迎えています。毎年この時期は休みも返上の忙しさとなります。
先日の3連休もお仕事でしたが、そんな中、ちょこっと時間をいただいて高校の同窓会に参加してきました。

卒業後30年目の同窓会!(あらやだ、いつのまにかもうそんなに経つのね・・・!?ww)

高校同窓会

いろんな伝統のある学校でしたが、どうやらこの会も伝統のひとつらしい。卒業して何年もたったのちにこんな会があるなんて知らなかったわ~。(去年お声がかかって初めて知りました(^▽^;)

AKB48ならぬ「SZK35」(笑)

35期生8クラス合同、総勢180名の参加!(約半数近くになるのかな・・?)
全国に散らばっている旧友たちが故郷に帰り、一堂に集まりました。
時がたち、当時TeenだったBoys&Girlsも今ではすっかりいいオヤジとオバさんにへんし~ん!すぐに誰とわかる人もいれば、わかるまでに少々時間を要するお方も…。(あ、それはお互いさまかしら・・・(^^;)
でも話し始めると、しゃべり方や笑い方、仕草は当時のままだったりして、高校時代が懐かしくよみがえってきました。(^^)♪
8クラス合同だったので同じ中学や小学校時代の同級生にも会えて懐かしさも倍増!
恩師も交えてだったのですが、一番楽しみにしていたであろう我担任(このクラスが初担任でした)は、ぎっくり腰とやらで参加できず・・・。残念!先生、会いたかったよ~。

中学時代の生徒会三役!
中学時代の生徒会三役!

会場を回りはじめるといきなり3人がバッタリ!中学時代の生徒会三役!
(ほかりん、こんなんですが副会長でした・・・。お二人にはおんぶにだっこですみませんでした。)
法被姿がキマっているスミトくん。当日は名司会で場を盛り上げてくれました。大役お疲れ様でした。

「SZK35」高校同窓会

クラスごとや出身中学ごと、部活ごとに集まって記念撮影。
高校は12年前に一度会っているけど、中学はさらに懐かしい~。同窓生同士の結婚も6組もありほほえましかったです。

ステージ脇には、当時のクラス旗も飾られていてびっくり!!
「え~っ!凄い!」まさかまさかず~っととってあったとは・・・。

「勝手ながら30年ぶりに思い出を語ります。」
と後日グループメールで、製作を担当した友人から当時の製作秘話が送られてきました。

二年生の夏休みにクラスで戸隠キャンプに行った時のこと覚えているかな。山岳部という理由で実行委員長に任命された僕は、とりあえず村のシンボルとなる村旗でも作ろうか、と軽いノリで旗を作ることにしたわけです。
夏休み、何人かに声をかけて作りました。デザインについてはいろいろ悩みましたが、竹田先生とクラス全員の名前で6の文字をつくりました。かなりベタだけど、一人欠けても6組は成立しないという意味を込めて作ったんだと思います。
作った当時は単なるキャンプ村での村旗でしたが、クラスマッチや竜胆祭とイベントを重ねるたびにクラス旗としての風格が伴っていったのかなと思います。そんな経緯もあり、卒業の時に、クラス旗は是非自分で持ち続けていたいという思いがあり、ずっと抱えていました。大学で東京に出たとき、就職して転勤で福岡に行ったとき、現場常駐で宮崎に行ったとき、いつもこの旗も一緒に引っ越しして、クラス旗にも随分旅をさせました。

知らなんだ・・・
小坂く~ん、感動だよ~~!じ~~ん(泣)

学ランを着た応援団

最後は、学ランを着た応援団?がステージに立ち、全員で校歌斉唱♪
「正義~の~旗~手、清き~名~の~♪」おぉ~、まだ歌えたぞ~!(笑)

シワが増えても、白髪が増えても、薄くなっても?!(おっと失礼) まだまだみんな元気もパワーも全開!
「熱、意気、ガリ」の臥龍魂は、いまだなお健在でした!

みんなからたくさんのエネルギーをもらいました。「出席」と参加表明したはいいけれど、仕事が忙しく実はぎりぎりまで参加を迷っていました。でも思い切って行ってよかった!羽田君、由美さん、川上君、そして各クラスの幹事のみなさん、忙しい中こんな素敵な会をありがとう!心から感謝!!

臥龍魂

お土産は、今年の高校のパンフレットと、高3の文化祭の時にクラスで作った映画のDVD。

クリスマスの飾りつけ

ロビーは早くもクリスマスの飾りつけ♪大きなサンタさん(?)が椅子にどっかり座り、天を仰いでくつろいでいました(笑)

イルミネーション

外に出るとキラキラのイルミネーションがとってもきれいでした。満ち足りた気分とともに、ちょっぴりの名残惜しさを胸に会場を後にしました。

「さぁ~、またがんばるぞーーー!!」

と、このあとほろ酔い気分で家に着くと、しばらくして長野を襲ったのは震度6弱の地震
初めて体験するほどのかなり大きく長い揺れでした。あまりの揺れに、主人とちょうど帰省してきたばかりの次女と、とっさに3人で身を寄せ合いました。おかげさまで幸い家も会社も被害はなく、普段と変わらぬ生活を送っております。(会社の玄関の置物がひとつ、パタリと倒れただけでした・・・)

直後から今日までも、たくさんの方からご心配のメールやお電話をいただきました。ご心配いただいた皆様、遅ればせながらこの場をお借りして改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

被害やケガにあわれた地域の皆様の一日も早い復旧と回復を心から願っております。