> スマイルブログ > 作品紹介 > 竜東中学校創立記念てぬぐい「オレてぬ」

竜東中学校創立記念てぬぐい「オレてぬ」

2019年3月21日

最高気温21℃!
まだ3月だというのに、あまりの暖かさにびっくり!
ぽっかぽか陽気に、桜もおちおちしていられない長野市です(笑)

創立記念てぬぐい。
来年度、創立50周年を迎える飯田市立竜東中学校。
地元では、「竜東中といったらオレンジジャージ!」といわれるくらい、長年着用され続けてきた伝統ともいえるオレンジのジャージ。通称「オレジャ」
生産終了により、今年度より新ジャージに変更となり、オレジャは現2年生の着用を最後に、あと1年で見納めとなるそうです。

飯田市立竜東中学校様

そんな背景も含め、伝統をてぬぐいにも引き継ぎたいと、ベースカラーはもちろんオレンジ!
「オレてぬ」と命名(^^)
秋口ころから、担当の先生と製作準備を進めてきました。
全校生徒(先生方も^^)がそれぞれにデザインを考え、投票で最終デザインを決定。
美術科の先生がデータ化してデザインを送ってくださいました。
全校上げてオレてぬ製作に携わってきた生徒たち。想い入れも大きいことでしょう。
(てぬぐいは、清掃時間に頭にかぶります。)

最終デザイン

「オレてぬ」完成~!
「素敵に仕上がりました。オレンジの色もオレジャの色とバッチリです!」
と、とても喜んでくださいました。^^
(実は、ジャージのオレンジが微妙な色のため、この色に合わせたいと、先生よりジャージの端切れを送っていただいてあったのです。笑)

竜東中学校様創立記念てぬぐい
竜東中学校様創立記念てぬぐい

50周年は来年度ですが、卒業する3年生にも渡したいと、卒業を前に行われた同窓会入会式で、入会記念として手渡されたそうです。
(当日は、地元新聞社も取材に訪れたそう。)

羽を広げた今はまだ小さなタツノオトシゴたち。大きくなったら立派な龍となり、それぞれの未来に向かい、天高く昇っていくことでしょう。