> スマイルブログ > 日々の出来事 > 台風19号の爪痕

台風19号の爪痕

2019年10月16日

非常に強い勢力と警戒されていた「台風19号(ハギビス)」

猛威をふるい、ここ長野を含め、各地に大きな爪痕を残していってしまいました。
四方にそびえ立つ高い山々が守ってくれるため、台風に強いといわれる長野県。
横から吹き付ける風には強いけれど、上から降り続ける豪雨にはなすすべもなくだったのか…。
と思いきや、今回は高い山がアダになってしまったそうな。
(湿った空気が山にぶつかり、上昇気流を生んでさらに大雨を降らせたそうな)

上流からの記録的な雨量で、千曲川があちこちで越水、氾濫、損壊、そしてついに決壊!
台風が直撃ではなかったにもかかわらず、まさかまさか長野がこんなにひどいことになるとは、、、。

長野マラソンのコースにもなっている更埴橋。対岸地域は、水が土手を越えてしまう越水被害に。
流れの弛みにカモ!どこで一夜を過ごしたのか、一晩よくしのいだね・・・。
土手が決壊し、取り残された被災者救助のため、上空には自衛隊ヘリが朝からなん往復も。
お隣さんの畑と田んぼ。道にまで浸水した様子。
土手脇の水田もどっぷり溜池に。

我が家は、大きな決壊・氾濫被害のあった被災地の穂保より車で30分ほど離れた場所ですが、同じ千曲川沿い。
土手まで歩いて2,3分の地区。
時折強くなる雨や風も、体感的にはそこまでひどいと感じるほどではなかったのですが、
上流地域で発達した雨雲が、大量の雨を降らせたようで、
台風が来る前のだいぶ早い時間からどんどん川の水かさが増し、
台風が近づく夜には 、 すでに避難勧告から 「警戒レベル5」の避難指示へと変わりました。
千曲川流域の危険情報を伝える携帯のエリアメールのアラームも、一晩中バンバン鳴りっぱなし。
日付が変わる前には対岸側の地域が越水し浸水。
すぐに避難できるようにと、とりあえず思いつくものをまとめて詰め混んでおいた避難用リュックと、長靴、水、非常食、貴重品等を2階にあげ、とりあえず猫ちゃんも一緒に2階に垂直避難。
不安な中での一夜を過ごしました。 (逃げなかったんか~い!)

おかげさまで、自宅周辺は大きな被害なく朝を迎えましたが…。

未明には、ニュースで大きく取り上げられている穂保地区が堤防決壊。
広範囲に渡り濁流が住宅地を飲み込んでしまいました。
ニュースで取り上げられていないところでも、 あちこちで、越水、氾濫、浸水等、
かつてない大きな被害となってしまいました。

翌朝、川を見に行くと、多少水位は下がっていましたが、まだ濁流がゴーゴーと流れていました。
上空には、自衛隊ヘリコプターが、被災地域の方々の救助で何度も何度も往復。
お隣やご近所の畑や田んぼはどっぷり水に浸かっておりました。

倒木、停電、断水のところもあります。
収穫前のりんごも・・・。
新幹線までもが・・・。

#がんばろう長野
#がんばれ長野

SNSでは、早速ハッシュタグ付きで、ボランティア活動や全国からの温かい応援・声援が続々と。
大変なことになってしまったけれど、こういうときほど、元気のあるものが元気をだしていかないと。
手と手を取り合って助け合っていかないと。

お電話やメール等、たくさんのご心配をいただきました。ありがとうございます。
おかげさまで、弊社におきましては、スタッフもみんな無事で元気にしております!
会社も無事です。(こちらも、犀川という大きな川のそばなので心配でしたが)
取り急ぎ、この場をお借りして、お心を寄せていただきました皆様に、あらためて心よりお礼申し上げます。

被害が甚大ですが、長野のみならず、全国各地の被災地域が、一日も早く復興し、
被災された方々が一日も早く平穏な日々が取り戻せますように。

台風が来る前に、会社の玄関も水が入ってこないよう、土のう代わりにあるものでバリケード。