オリジナルタオルを作るなら≪オリジナルタオル専門店 いとへん≫

タオルの産地はどこですか?

よくある質問 公開日:2021/02/22 最終更新日:2021/10/14

いとへんでは、日本製(国産)・海外製(中国製、ベトナム製等)など、国内・海外問わず取り扱っております。
商品や製法によって異なりますので、各詳細ページにて明記しておりますので、産地以外の匁や大きさなどもあわせてご確認ください。ご不明な場合はお気軽にお問い合わせください。

また、お見積り時・ご注文時に生地の詳細についてご案内しております。あわせてご確認ください。

単に○○製と表記されている場合、主に加工地、最終加工地を指しています。

日本製・国産

「日本製」「国産」と表記している商品につきましては、主にタオルの国内2大産地、今治(愛媛県今治市周辺)または泉州(大阪府南部周辺)で加工されたものが多く、パキスタン産の綿糸が良く使われています。

今治産・今治製

「今治産」「今治製」は、タオルの国内2大産地の一つ、愛媛県今治市やその周辺で作られたタオルになります。日本最大のタオル産地としても知られています。蒼社川(そうじゃがわ)などの水系に支えらえた品質の良いタオルが作られています。

その中でも「今治タオルブランド」は、今治タオル工業組合の独自基準をクリアしたタオルであり、認定されたタオルは認定の証として、おなじみの日の丸に三本線のブランドロゴが付き、認定番号が付きます。

※単に「今治産タオル」「今治製タオル」とある場合は、「今治タオルブランド」ではなく、前述の今治周辺で作られたタオルになります。同様に「今治タグ」「今治ネーム」はブランドのタグではありません。

当店の取り扱うオリジナルタオルではプリントタオルやジャガード織などが「今治産」になります。

泉州産・泉州製

「泉州産」「泉州製」は、タオルの国内2大産地の一つ、大阪府泉佐野市、泉南市、熊取町など大阪南西部の泉州地域で作られたタオルになります。タオル発祥の地として約130年の歴史を持つ、吸水性と柔らかな肌触りが特徴の「後晒し製法」で作られています。中国福建省泉州市と区別するため、「大阪泉州」や「国産泉州」とも表記されます。

泉州タオルの代表作として「泉州こだわりタオル」があり、毎年のテーマのもと素材や機能性にこだわり、心地の良いタオルを発信しています。

当店の取り扱いタオルでは白色の名入れタオルなどに泉州タオルを使っています。

海外製

「海外製」と表記している商品につきましては、主に中国製、ベトナム製が主流です。近年では日本メーカーの進出や出資により中国製でも国産ブランドタオルと遜色のない高品質のものも作られています。また、中国メーカーのベトナム進出など、厳密に産地を特定しにくいケースもありますので海外製としている場合もあります。

当店の取り扱いタオルカラータオルや枚数が多い際のプリントタオルなどが中国製(日本メーカー協力&監修)になります。