> 製作ブログ > 名入タオル > グレードが高い温泉タオル

グレードが高い温泉タオル

製作ブログ

温泉施設のタオルというと普通、100匁~180匁位のオボロタオル(捺染タオル)か平地付名入れタオルが一般的です。ですが最近多くなってきたのが、グレードの高いタオルをご希望されるお客様が多くなってきました。その一例をご紹介します。

天然温泉の銭湯「武蔵小山温泉」様のタオル
天然温泉の銭湯「武蔵小山温泉」様のタオル

「武蔵小山温泉」様のタオルは、プレーンカラータオルの赤色生地に黒色で名入れ。プリントの配置もセンター下部に入れ、さりげなくお洒落感が漂ってます。こちらの清水湯さんは、同じ敷地内に二つの泉元を持ち、通常の銭湯と同じ利用料金で、二種類の天然温泉が楽しめます。

「tanuki、Iroha、Kamoshika」様のタオル
「tanuki、Iroha、Kamoshika」様のタオル
「国民温泉」様のタオル
「戸倉国民温泉」様のタオル

「tanuki、Iroha、Kamoshika」様のタオルは、国産白ソフト平地付タオル:240匁に黒色で名入れ。いずれも野沢温泉にある旅館です。野沢温泉村では廃業した宿を買い取る外国人が改築して続々と出店しています。

「戸倉国民温泉」様のタオルは、スレン染カラータオルの3色生地に紺色で名入れ。この公衆浴場は浴槽・カラン・シャワーに至るまで源泉掛け流しの天然温泉です。浴室は陽が差し込んで明るく清潔そのもので、床のところどころにある小さな穴から湯が溢れ、床が冷えないように配慮されています。これも湯の湧出量が毎分250Lという頼もしさゆえか。飲泉も可能です。

タオルの仕様

タオルの種類プレーンカラータオル、国産白ソフト平地付タオル、スレン染カラータオル
加工方法名入れタオル